2016年08月07日

エレキギター教室 受講しました

作曲家、ギタリスト、ボカロPのsyunkit(シュンキット)さんが、エレキギター教室を開講されました。ビデオ通話を使った教室です。今月いっぱい(2016年8月まで)モニターを募集していらっしゃいます。



自分正直、エレキギター弾くの苦手なんです。

全然思った通りの音が出ないし、綺麗に弾けないし。

アルペジオのピッキングとか、カッティングとか、弾き方が上手くいかないところが多々ありました。昔から教本を何冊か買ったり、youtubeの弾き方講座も時折観るのですが、結局釈然としないまま、中途半端に弾いてました。


ですので今回のエレキギター教室のモニター、思いきって志願してみました。


まずは自分から、上記のことをメールで相談。

→次に日程の打ち合わせ。

→当日はスカイプのビデオ通話。

→お互いのプレイを確認しながら、

前半は自分の質問に先生が答えていく、

後半は自分の弱点を先生が見つける、というような流れで進めていただきました。


・ピックを使ったアルペジオは、低弦はアップピッキング使ったりする。音色や曲のテンポで使い分ける。

・カッティングは基本、右手のミュートを併用する。

・アルペジオをするときはシングルコイルのピックアップを使うとよい

・ソロなど音のつぶ立ちをよく聴かせたいときはフロントピックアップを使うとよい

・人差し指のビブラートはドアノブを回すように

・薬指のビブラートは肘から全部使って

・バンドでギター何弾いたらいいか分からないときは、コードストロークか、アルペジオがよい。5度の音を寄り道しながら。


こうやって書いてみると、教本に書いてあるとおりの内容なのですが、実際に弾きたい曲を引き合いに出しながらお手本してもらうと、一瞬で理解できました。やはり、対話に勝る学習は無し!


ただ、それよりもありがたいなと思ったのは。

ここ数年ギターもろくに弾けていないのですが、syunkitさんいわく「全く弾かないと腕がなまってしまうから、腕がなまらない程度に弾いていけたらいいね。自分も弾かなかった時期の後に随分なまってしまっていたから。」とのこと。


以前から親交のあったsyunkitさんでしたが、プレイのことだけでなく、自分のバックグラウンドまで考えていて下さって嬉しかったです。


というわけで、ギターの腕をなまらせないために、受講を続けることにしました。ただ、月3回の受講はさすがに忙しいので、先生に相談し、「月1回のみ1800円」で続けさせていただくことになりました。昨日1回で教本2冊分以上の情報は得られたので、買って読むことを考えたらこの値段は破格!次回以降もたくさん勉強させていただきます。今は先生にもらったスウィープ奏法のフレーズを練習してます。ペチペチと。


syunkitさんは気さくで穏やかな先生です。先輩、友人、兄がないまぜになったような雰囲気で、振りかざさず、さりげなく導いてくれます。そして私達には見せないところで、かなり考えていらっしゃるんだと思います(笑)。


もしこの記事を読んでいる方で、エレキギターに関するお悩みがある方があれば、この機に相談してみてはいかがでしょうか。楽器や通話機材がそろっていなくても、おそらく相談に乗って下さると思います。サムネどおりのイケメンか…確かめてみるだけでも一興です(^ω^)
posted by ulysses at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。